温泉大国日本では動物たちも温泉好き!!

動物温泉
温泉大国日本の動物のお楽しみ寒い季節となりました。
こんな時には温泉でも・・。と思う人は多いはず。
しかし温泉にはいるのは、人間だけではありません。
実は、動物だって温泉好き?温泉大国日本ならてはの、動物と温泉についてみてみましょう。

馬だって温泉好き

競馬好きな人は聞いたことがあるかもしれませんが、
活躍する鵜競走馬は休養中に温泉で疲れを癒しています。
馬は体が大きく重いため足に負担がかかるのでしょう。
体調管理のために人が温泉に入れるのは大変ですが、競走馬に対する人間の愛情が伝わってきます。
映像をみると馬の方もとても気持ちよさそうにしているのがわかります。
その効果で競馬のレースでもいい成績が残せるとよいですね。

温泉大好きお猿さん

こちらは有名なので映像を見たことがある人も多いのではないでしょうか?
北海道などでも見れるそうですが、極寒の地で温かいお湯につかるおサルさん!
想像するだけでなんとも心癒される映像ですね。
ちなみにこの話は海外でも有名で、大好評だそうです。
海外は温泉のない国も沢山ありますしね。
日本に来たらせひ実物を見に来てほしいです。
長野県にある“地獄谷野猿公苑”には、(すごいインパクトのあるネーミングだと思います。観光地としても面白そうです)
世界で唯一温泉に入る猿が見れる所だそうです
イメージキャラクターもかわいいおサルさんなので、やはり有名なのでしょうね。
場所的にも行きやすそうなのでいかがでしょうか?

カピバラだって温泉大好き

みなさんは、知っていますか?
とても大きい体をしていますが、カピバラはネズミの仲間です。
このカピバラも温泉好きで有名です。
南アメリカに、元々は生息しているそうで、きっと寒いのが苦手なのでしょうね。
カピバラのお風呂はとてもゴージャスで、打たせ湯や(わざわさカピバラ用に作ったのでしょうか?)
大浴場にはゆずやりんごをいれています。
それをお湯に入りながらいただきます。
むしゃむしゃと餌にしています!
なんとも羨ましい光景ですが、カピバラは子供に大人気です。
とても癒されますので、ぜひ映像を動画でみてほしいです。
ここまで、温泉に入る代表的な動物をみてきましたが、温泉ト動物の関係って興味が尽きないですね。

最後に・・なぜ動物は温泉に入るようになったのでしょうか?

本で調べてみると単純に寒さをしのぐためだと書かれていました。
お猿の場合でも、一年中入るわけでなく、冬の1~3月ぐらいまでだそうです。
ということは、元々寒さに弱い動物がはいる可能性が高いと思います。
同じ動物でも犬は寒さに強いため、温泉に入る必要がないのでしょうか。
(最も犬の場合は温泉というより、お風呂が嫌いなのでしょうね)
ともかく、動物はいろいろな種類がいるので小さいころから習慣づければ、喜んで入る動物がまだまだいそうです。
みなさんはここまで読んで実際に、見たいけれどどこに行けばよいか迷いますよね。
調べてみましょう。旅行の用途にもよりますが、必ずしも寒いところだけではないようですね。
余談ですが11月26日はいいフロの日だそうです。この日に行けば、何か面白いイベントがあるかもしれません。
全国の温泉地情報をチェックしてみましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です