犬と猫の先祖は同じだった!どこで今の姿に進化したか?

犬は忠実で従順、猫は気まぐれでマイペース。

誰もが犬と猫の違いに上記のようなことを思うのではないでしょうか?

まるで対照的な性格の犬と猫ですが、実は祖先は同じだったんです!

猫の祖先はリビアヤマネコ、犬は狼というのはよく聞きますが、さらに系統を遡るとミアキスという動物にたどり着きます。

では、ミアキスからどうやって犬と猫に枝分かれしたか謎に迫っていきます!

ミアキスはイタチのような小動物だった!


ミアキスは約6500万年〜4000万年前にかけてヨーロッパや北米に存在していました。

長い胴体に短い脚、長い尾を持ったミアキスはイタチの姿に似ています。

出し入れできる鋭いかぎ爪を持ち木登りを得意として、鳥類や爬虫類を食糧としていました。

この特徴は今の猫に引き継がれていると言われています。

体長は約30cmで小さく、地上にそれよりも大きな肉食獣が生息していたため、木の上で生活をしていました。

ネコ科動物で木登りができるのはその名残があるんですね。

 

ミアキスから犬と猫にどうやって枝分かれしたか?


森林で暮らしていたミアキスは単独行動でも獲物が獲得できていました。

ところが寒冷化により森林が減少したため、食べ物を取るのが困難になりました。

そのため森林に残るものと草原に移動するものに分かれたようです。

この出来事が今の犬と猫に進化するきっかけとなりました。

それでは犬と猫はどのように進化したか見ていきます。

猫の場合


森林に残ったミアキスは単独で食料を獲得できるように狩りのテクニックを向上させていきます。

物陰から身を潜めて瞬時に獲物を仕留める瞬発力のある筋肉に発達しました。

また、獲物に気づかれないように物音を立てないように忍び寄る方法も身につけます。

現在の猫もよく足音を立てずに気配を消すことがあるのもご先祖様のDNAを受け継いでいるからだと納得がいきますね。

 

まずはネコ科の最初の祖先とされるプロアイルルスが2500万年前に登場します。

獲物を捕まえた時に確実に逃がさない鋭い歯と爪を持ってました。

それから次にプセエダエルルスに進化した時はピューマくらいに大型化していたと言われています。

ミアキス時代はそれよりも強い肉食獣がいた為に木の上に追いやられていたようですが、プセエダエルルスになってからは地上で闊歩するようになりました。

それからプセエダエルルスからシザイルルスに進化。

それとは別にあの有名なサーベルタイガーに進化することになるマカイロドゥスに枝分かれしています。

しかしサーベルタイガーは進化の失敗で絶滅してしまいました。

ネコ科に続くことになるシザイルルスはヤマネコのような姿を見てしています。

そこからライオンやヒョウなどのネコ科動物に分岐していきます。

そこで一番最小のネコ科動物が生息していました。

ネコ属に分類されるものでそれがさらに分岐していく中でイエネコの祖先と言われるリビアヤマネコに行き着きます。

リビアヤマネコが人間と関わったのが約一万年前と推定されており、中東あたりで人間と一緒に埋葬されていた遺骨が発見されていました。

ちょうど人間が農耕を始めていた時期で小麦や大麦の栽培が盛んに行われていました。

収穫した穀物を食い散らかすネズミに悩まされていた時にネズミ捕りに選ばれたのがリビアヤマネコだったのです。

ネズミ捕りのために飼われたのが始まりで今のイエネコへと変化していったわけです。

犬の場合


一方森林を去ったミアキスは広々とした草原で効率よく獲物を捕まえるために集団で連携を取るようになります。

これが集団で狩りをする狼へとつながっていくわけですが、その間も進化によって体系や身体能力の変化がありました。

まずはペスペロキオンという動物が登場します。

ペスペロキオンは胴長短足で尾の長くまだ犬とは言えない姿でした。

ミアキスのように出し入れしていた爪を出したまま地上を歩けるように進化したと言われています。

やがてキノデクテス、キノデスムスに進化するにつれて体も大きくなり、脚も速く走れるように発達して持久力を身につけます。

2300万年前に犬の直接の祖先であるトマークトゥスが出現しました。

犬や狼に最も近い姿をしており、これが狼を始めイヌ科の動物に派生していきます。

犬の祖先である狼が人間と関わったのが約3万年前のこと。

狩猟生活していた人間もイヌ科動物と同じように社会性を身につけてきました。

狼のように速く走ることができないので狼を狩りのパートナーに選んだと言われています。

どちらも進化の過程で高い集団性を培ってきたので狩りを効率よくするにはちょうど良かったんですね。

人間に飼いならされて犬になりました。

現代でも狩りに限らず警察犬、盲導犬、介助犬などで活躍する犬たちがいるのはやはり祖先が集団生活をしてきた名残なんでしょうね。

まとめ

私たち人間に一番近くにいる犬と猫は太古の昔に環境変化がきっかけで異なる進化を遂げてきたので、今や性格や特徴が違うのに納得です。

飼い主に尻尾を振って寄ってくる犬、甘えたり冷たくなるツンデレな猫。

本当にこれが長年ご先祖様から受け継いだものだと考えると面白いです。

そして両方ともなんらかの形で人間と接点を持っているのも不思議な縁を感じますね。

それにしても犬が猫にベッドを取られて悲しそうにしてる画像をネットでよく見かけますが、犬の祖先が森林から追い出されたのはネコ科の祖先に負けたのがDNAに刷り込まれてるのかなと思ってしまいます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー人夫と息子の3人暮らし。英語&スペイン語のトリリンガル!約1000人以上の外国人とオンラインで交流したり観光ガイドをしている経験から外国人が日本人に抱くイメージを知り尽くしています。外国人女性の友人も多いです。外国人パートナーに関する内容をブログとツイッターで発信中♪ツイートDMで無料お悩み相談も受付中!