世界のオーロラを観よう!オーロラ観察のベストスポットをご紹介!

オーロラ

こんにちは、BMSです!仕事のかたわら海外旅行を楽しんでいます。

今日は、オーロラについて語っていこうと思います。

幻想的な自然が織り成す神秘の空間を自分の目で見たい!

オーロラをいつか見に行きたいというのが僕の夢です!

オーロラってなに?

オーロラ

オーロラは、空にカーテンのようにゆらめいている赤や緑の光のことです。

この光は、太陽からくる電気の粒子をおびた風(プラズマ)が原因でできています。

プラズマは磁場の影響を受けるため、地球にはぶつかりません。

地球の磁場により、プラズマは地球の裏側に流れ込みます。

裏側には流れ込んだプラズマが溜まっている場所があり、そこで磁場が急激に変化する現象が起こると、プラズマが爆発的にエネルギーを持って地球にやってきます。

地球は大きな磁石になっています。

プラズマは、方位磁石が指し示す磁場の方向にそって運動するため、地球の磁極であるN極とS極の方にに流れ込みます。

このプラズマが地球の大気にぶつかるとき、大気中の酸素や水素、窒素分子が刺激され、このときに発するエネルギーが光となります。

それがオーロラです。オーロラは地球の大気と太陽の活動とが密接に絡み合って起こる現象で、自然が作り出す神秘的なものなのです!

オーロラが見れる場所は?

オーロラ

地球上でオーロラが最も現れるエリアは、「オーロラベルト」と呼ばれるところです。

オーロラベルトの範囲は、北半球、南半球ともに、緯度60度〜70度くらいの場所を指しています。

北半球のオーロラベルトに入る地域は、カナダ、アラスカ、北欧、アイスランド、などの国々が含まれています。

これらの地域は、オーロラ鑑賞の観光地としても有名です。

南半球の方は、南極大陸の一部と海上がオーロラベルトを占めているため、観光地としては栄えていまん。

オーロラはいつ見れる?

 

オーロラ

オーロラは夜の暗い時間が長い8月中旬〜4月上旬がベストな季節です。

オーロラは雲より上の高度80km〜500kmほどの電離層と呼ばれる宇宙の現象で、光はとても弱いです。

雲があると、オーロラは雲で隠れてしまうので肉眼では見えなくなってしまいます。

オーロラベルトのある極地地帯は高緯度な地域です。

そのため、夏の夜は比較的明るく、オーロラ鑑賞には不向きだと言えます。

発生時間の目安としては、カナダ・アラスカは午後10時〜午前2時頃、北欧・アイスランドは午後7時〜午前0時頃です。

晴れてて暗いことがオーロラを見るいい条件なので、新月のときはきれいなオーロラが見れる確率が高くなります。

カナダのオーロラ

オーロラ

カナダは、オーロラの鑑賞地として世界でもかなり人気です。

中でもとくに有名な都市は、ノースウエスト準州の「イエローナイフ」と、ユーコン準州の「ホワイトホース」の2つです。

「イエローナイフ」は、オーロラベルトの真下に位置しているのと、平原で快晴率が高いためオーロラの鑑賞地に適しています。「オーロラビレッジ」という鑑賞施設で鑑賞を楽しむことができます。

「ホワイトホース」は、徒歩で歩き回ることもできるコンパクトな街です。大きな山々を背景に綺麗なオーロラが見れるので、景色は最高です。

どちらも極地地方で人口密度が少ない地域なので、人工物の明かりも少ないのも人気の鑑賞地になる理由です。

アラスカのオーロラ

アラスカ

アラスカは、カナダのユーコン準州と隣接しているため、同じように大自然が広がっています。

フェアバンクスという都市は晴天率も高めでオーロラ鑑賞に向いています。

日本との距離が近いため、大型ツアーもたくさんあり、安い値段で気軽にオーロラ鑑賞するならフェアバンクスに行ってみるのもいいでしょう。

チナ・ホットスプリングスでは室内で鑑賞もでき、温泉リゾートにも滞在できるのでこちらもおすすめ!

北欧のオーロラ

北欧の地方でオーロラベルトに入っている、ノルウェイ、フィンランド、スウェーデンの3つの国は、その世界観が人気です。

北米とはちがう歴史ある町なみや、食文化、サンタクロースやディズニーなどのおとぎばなしのような国の雰囲気から、特に女性からの支持があります。

日中は、北欧の町並み夜はオーロラと一日中楽しむことができます!

フィンランドのオーロラ鑑賞地「ロバニエミ」、「サーリセルカ」、「レヴィ」の3箇所は北欧でも人気の観光スポット!

その3つを紹介します!

「ロバニエミ」は、ラップランド州の州都です。

1年中サンタクロースに会えるサンタクロース村もあり、旅行客が多く訪れます。商業目栄えているので、昼間はショッピングを楽しむことができるので昼も夜も楽しめます!

「サーリセルカ」は、人気宿泊地ガラスイグルーが目玉です!

ラップランドの最北のリゾート地であるガラスイグルーは、サーリセルカから約15kmのところにあります。

ガラスイグルーでは部屋の中でオーロラの出現を待つことができ、寒い外に出なくても大丈夫です。

ベッドに寝転がりながらオーロラを見るという贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

また、スキーやショッピング、トナカイぞりや、イヌぞり、アイスフィッシングなども楽しめます。

「レヴィ」は、ラップランド州最大級のオーロラリゾートです!ショップ、レストラン、バー、カフェなどが充実しています。場所が北極圏になるため、他とひと味違った時間を楽しむことができることでしょう。

レヴィ オーロラリゾート

北欧はノルウェー海を北上する暖流の影響もあって、カナダやアラスカより気温は高くなはなります。

北欧は観光するところもたくさんあるので、オーロラと観光どっちも楽しみたい方にはおすすめと言えます。

また、北欧ではありませんが同じヨーロッパのアイスランドは、周囲の灯りが少ないので最近人気が出てきているオーロラ鑑賞地です。

グトルフォスの滝を見たりアイスランドロブスターを食べたりできるので、行ってみてはいかがでしょうか!

オーロラの映像美が楽しめる映画「雪の華」がオススメ


この映画はオーロラの映像美が美しすぎる映画です。

僕はオーロラが大好きなので、この映画を映画館で楽しみました。

フィンランドで撮影された赤い色のオーロラが綺麗すぎて思わず泣いてしまいました。

赤のオーロラ

出典:visit Finland

赤のオーロラは幸せを運んでくれるという言い伝えがあります。

そして、病気がちの主人公は弱った体に鞭打ってオーロラを見にフィンランドへ旅に出るのです。

この映画のオーロラ撮影のために、スタッフは現地に長期滞在して、ベストショットを撮影したそうです。

これだけのオーロラを撮影するとなると、短期間に出来るはずがありません。

まとめ

オーロラを見に行ったとしても天候によっては運悪く見れないときもあります。

しかし、見れたときの感動は素晴らしいものです。自然界が織りなす幻想的世界を見に行きませんか?

オーロラは非常に寒いところでの観測になります。しっかり防寒してオーロラ鑑賞を楽しみましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー人夫と息子の3人暮らし。英語&スペイン語のトリリンガル!約1000人以上の外国人とオンラインで交流したり観光ガイドをしている経験から外国人が日本人に抱くイメージを知り尽くしています。外国人女性の友人も多いです。外国人パートナーに関する内容をブログとツイッターで発信中♪ツイートDMで無料お悩み相談も受付中!