【弾丸旅行が好きな人必見】「パマリカン島」にある高級リゾート地アマンプロをご紹介!

フィリピン

こんにちは、旅好きぷんちゃんです。

リゾートでのんびりまったりしたいですよねー

さて、さて、

皆さんフィリピンに行った事はありますか?

フィリピンと言ったらどんなイメージがありますか。

ホームレスがめちゃ多い。

治安が悪くて、怖ーい。

世界一のスラム街が首都圏にある。

歩いたら、強盗に襲われるんじゃないの。

こんなイメージばっかりを持っているんじゃないでしょうか。

フィリピンのマニラについては、そのようなイメージがあるのは致し方ないかなと思います。

だってニュースとか見てみると、マニラでいろんな事件が起きてますよね。

アマンプロは一島一リゾート島


フィリピン

今回はフィリピンから離れた、離島の「アマンプロ」をご紹介したいと思います。

このアマンプロと言うリゾート地は1島1リゾートになっています。

そのため、パマリカン島に行く人はアマンプロに滞在する以外に方法は無いんですよ。

このアマンプロと言うリゾートは、「アマングループ」が世界中で展開する高級リゾートの一つとなります。

チャーター便でしか行けない島

フィリピン

アマンプロチャーター機

この島に行くにはこのホテルが経営する飛行機をチャーターしていくしか方法がないのです。

そしてこの島の中には、ホテルのスタッフとお客さん以外は誰もいないのです。

まさにお忍び旅行にはぴったりの島

そして、大人だけじゃなく子供も楽しめちゃうんですよ。

食事はホテルの中しか取ることができません。

もちろんレストランだけじゃなくて、ルームサービスを取ることもできるんですよ。

アマンプロは忍者が潜む島??

よくアマンプロには忍者がいると聞きます。

何故かって?

スタッフが忍者のようなんです。

少しでも出かけ、帰ってくると、部屋が掃除されていたり、フルーツやスイーツなどが置いてあるんですよ。

いつも、そんな感じなので、いつどこで誰が部屋を手入れしてくれているんだろうと思ってびっくりしちゃいます。

そしてこのホテルではシーカヤックやシュノーケルなどは全て無料でできちゃうんです。

本当に楽しいですよ。

コテージが浮かんでる

フィリピン19:07:43

美しい海にコテージが浮かんでいます。

だって、この島、全部海に囲まれているんだから、海はもう行くしかないですよね。

僕も毎日シュノーケルをしました。

海中はウミガメが泳いでいたり、大きな魚が泳いでいたり、ウツボが泳いでいたり、もう本当にびっくりしてしまいます。

まるで「美ら海水族館」の大きな水槽の中で泳いでいるような感じです。

でもアマンプロは外洋にさらされていますので、波には気をつけてくださいね。

うっかりしていると波にさらわれてしまいますよ。

だからしっかりガイドさんについていきましょう。

そしたら、マリンスポーツは、本当に楽しめちゃいますから。

3泊の滞在費 HOW MUCH?

僕は全部で3泊しました。

一泊十万円以上もするのでちょっと高いんですけども、食事やアメニティーのことを考えると充分納得できちゃう金額だと思います。

僕たち家族は毎日遊んでましたよ。

そして1番の贅沢はそういった中で、やはり何もしないで過ごす事かも知れませんね。

  • 日本人は毎日毎日お出かけしてしまいます。
  • 一方、欧米の方は何もしないでのんびり過ごしています。

日本人は、こんな過ごし方ができないんですよね。

アマンプロの魅力

このアマンプロなんですが、島は半分ジャングルのようになっています。

それはそうですよねだってフィリピンは、熱帯雨林気候ですから。でも、自然のゴミとか落ち葉とかが、あまり落ちていないんですよ。

ものすごくこまめに清掃しているんです。

だから、島のどこででも、ものすごく快適に過ごせます。

何もここまでしなくたってって思うくらい、本当に至れり尽くせりなんです。

だから、このアマンプロにまた滞在したくて、リピーターになる人がたくさんいるみたいですよ。

このアマングループのホテルですが、残念ながらフィリピンには1カ所しかないようです。

だからこそ貴重なのかもしれませんね。

それと、アマンプロに行くときには、必ずマニラに滞在しないといけません。

行きと帰り多分一泊ずつ滞在することになると思います。

その時はフィリピンの現実を見ることになりますので、アマンプロとマニラ市内のあまりの違いにびっくり仰天することになると思います。

マニラ滞在は疲弊します

マニラでの滞在はくれぐれも気をつけてくださいね。

心配な方は、マニラ空港のすぐ近くに滞在することをお勧めします。

僕たち家族はマカティのあたりに滞在しました。

運良くタクシーのドライバーもみんないい人ばかりで危ない目には合いませんでした。

でも日本人は常に狙われていますので本当に気をつけましょうね。

あ、それから、アマンプロの帰りにはホテルでもらえるギフトを必ず忘れずに持って帰りましょうね。

ついつい荷物になって置いて帰りたくなるんですけどもきっと良いお土産になるはずですよ。

アマンプロに来るなんてそうそうなかなかないですからね。

アマンプロの予約方法

えーっと、アマンプロの予約の仕方がわからない?

それはそうですよね。

僕たちはこのディスカバリーツアーと言う旅行会社を利用しました。

この会社はフィリピンの会社のようですけども日本人のスタッフが常駐しているようです。

メールで何回かやりとりをすると簡単に予約ができますのでその辺されてはどうでしょうか。

日本の旅行会社でも予約できるようです。

現地の旅行会社が心配だと言う方は日本の旅行会社を利用してくださいね。

それではまたね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー人夫と息子の3人暮らし。英語&スペイン語のトリリンガル!約1000人以上の外国人とオンラインで交流したり観光ガイドをしている経験から外国人が日本人に抱くイメージを知り尽くしています。外国人女性の友人も多いです。外国人パートナーに関する内容をブログとツイッターで発信中♪ツイートDMで無料お悩み相談も受付中!