バンクーバーに来たからには知ってほしいあるある事情

私は仕事を辞めてワーキングホリデーでカナダのバンクーバーに住んでいました。

バンクーバーと言えば2010年に冬季オリンピックの開催地になった場所ですね。

自分が行ったのはオリンピックが開催される前の3〜4年前でした。

バンクーバーのイメージ通りの住みやすい場所でした。

他にも素晴らしい場所はたくさんるけど自分はバンクーバーびいきでバンクーバーは私の第二の故郷です。

前置きはここまでにしてワーキングホリデーでバンクーバーにいる方、もしくはこれから来る方にあるある事情をお伝えします!

私の体験に基づくあるある話

実際にバンクーバーで見たこと、感じたことをまとめてみました。

アジア系ばかり

バンクーバーはアジア系民族が多く、色んな言葉が飛び交っています。

特に中国人が圧倒的に多いです。

自分が住んでいた時も中国語を聞かなかった日はありません。

世界で住みやすいと言われているバンクーバーは当然日本人もよく見かけます。

スーパーでは日本のヒット曲がかかっていたなんてこともありました。

一度日本人同士で固まってしまうと英語がなかなか上達しないことも。

自ら英語環境に飛び込まないと難しかったこともありましたね。

私がホームステイしたところはフィリピン人の家庭でした。

彼らの英語はとても綺麗で日常のやりとりはなんとかできました。

ちなみにこちらの動画はカナダに行って「こんなはずじゃなかった」的な感想を歌にしたものです。

かなり的を得ていて共感しすぎて笑っちゃいましたよ!

日本の食材が手に入る

日本人にとって嬉しいのがこれ!

日本の食材は必ずと言っていいほど売っています。

ダウンタウンのロブソン通り沿いにある「みんなのコンビニ屋」というところは日本でもみたことがあるスナック等が揃ってました。

ダイソーがあった!

まさかダイソーが普通にカナダにもありました。

商品の説明が日本語で書かれてるところもあったので「本当にここカナダ?」と疑った瞬間でしたね。

店内の風景はまるで日本!

多国籍料理を味わえる

アジア系が多いこの街では色んな国の料理が食べられるのがメリットです。

タイ料理、インド料理、韓国料理中華料理、ギリシア料理などなど。

そして寿司屋やラーメン屋が普通にあります。

日本人が経営しているところもあるけど、中国人がオーナーの店も。

「KIMONO」や「ICHIBAN」と変わった店名もあったりしました。

セブンイレブンは物多し!

セブンイレブンは結構品物が揃っているイメージがありました。

スナック系やスイーツ系、ドリンクがズラーと並んでました。

コーヒーをセルフで変えたり、タコスがトッピングできたり。

薬まで置いてありました。

怖〜いゾーンもあり!

治安が良いと言われているバンクーバーでも危険区域があります。

特にヘイスティング通りは絶対に近づかないようにとホストファミリーにも釘を刺されました。

ヘイスティング通りはダウンダウンを出た東側のエリアです。

そこはホームレスや薬物中毒者の溜まり場。

大阪の西成のあいりん地区のような場所です。

特にやばかったのがヘイスティング通りとメイン通りの交差点。

バスでよくこの通りを通ってましたが、いかにもという人たちが集まってました。

あの辺は注射器なんかが落ちでました。

ガスタウンも観光名所ですが、ヘイスティング通りのすぐ近くです。

レトロでお洒落な街並みのガスタウンですが、東側に行くと雰囲気がガラリと変わります。

本当にやばいゾーンなので決して近づかないようにしましょう。

「金くれ」とかけてくる人もいますが、絶対無視です。

もう一つ危険な区域といえば意外にもスタンレーパーク。

昼間はウォーキングやサイクリングを楽しんでるのを見かけますが、夜は近づかないようにして下さい。

暗くなるとホームレスや薬物中毒者が寝床にしているからです。

しかも強姦や殺人事件も過去にありました。

北米の薬物使用率がバンクーバーがダントツトップという驚くべきデータも報告されています。

ショックな事実だけど、どこに住んでも危ない場所はあるという事を忘れないで下さいね。

人がいてもバス気づかず

バス停に人がいてもバスが通り過ぎてしまうことがたまにあります。

実際にその場面に出くわしたことがあり、バス停にいた人もびっくりしてました。

そして自分も置いてけぼりを食らった一人です。

友達とバス待ちしていた時のこと、バスが来て普通に停まりました。

しかしこちらの存在に気づかずに行ってしまって「うっそ〜!」と叫んでしまったことがありました。

夏は夜になっても明るい

サマータイムは日没が8時でとにかく夜は明るいです。

慣れないうちは生活リズムが狂ってしまいました。

地元のカナダ人はとにかくアウトドアが好きでBBQなりハイキングを楽しんでましたね。

冬は雪じゃなくて雨

カナダは雪が積もると思いがちですが、バンクーバーの冬は雨、雨、雨!

「冬の梅雨か?」と突っ込みたくなるくらい雨が多いです。

地元の人は「レインクーバー」と呼ぶくらいです。

雪が降るのは指折り数えるくらい、、、。

トロントの寒さと比べたらまだましですが、雨降られると余計に寒かったですね。

そして日没がまた早い。

寒いし、暗いし、雨が多いしの三拍子がバンクーバーの冬です。

たった一つの遊園地

バンクーバーには唯一「プレイランド」という遊園地があります。

プレイランドは春から夏にかけて開園し、乗り物やアトラクションが満載!

毎年コンサートやショーなどのイベントがあります!

実はビートルズがカナダで初めてライブを行った場所ですって!

ワーホリの方は一度は行ってみるべきです。

まとめ

今考えたらバンクーバーはツッコミどころ満載で面白かったですね。

本当に思い出しながら執筆している途中で吹き出してしまいました。

今滞在中の方は色々感じてつっこんだりして満喫してくださいね!

思いっきりバンクーバーでの日々を楽しんでくださいね♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー人夫と息子の3人暮らし。英語&スペイン語のトリリンガル!約1000人以上の外国人とオンラインで交流したり観光ガイドをしている経験から外国人が日本人に抱くイメージを知り尽くしています。外国人女性の友人も多いです。外国人パートナーに関する内容をブログとツイッターで発信中♪ツイートDMで無料お悩み相談も受付中!