【北欧 フィンランドの魅力を語る】妖精の住んでいる国

オーロラ

こんにちは、BMSです!仕事のかたわら海外旅行を楽しんでいます。

北ヨーロッパというとスウェーデンやノルウェーがパッと浮かぶ人が多いのではないでしょうか?

フィンランドというと森やエルフ…といった幻想的な場所を思い浮かべる人も少なくともいるのではないでしょうか。

私自身、幻想的な雰囲気や物語が好きなのでフィンランドには相当の思い入れがありました。

そしてフィンランドへの思いは旅をした後の方が強くなっています。

今回はフィンランドの魅力をいっぱいお届けします。

フィンランドは南北にそれぞれの魅力があります。

北部と南部のとびっきりの観光地をご紹介!!

フィンランドは国土を縦断するように旅してフィンランドの自然と美しい景色を満喫してください。

観光・お土産だけでなく、地域ごとの伝統料理も一緒に味わいましょう。

フィンランド縦断旅行を強くおすすめします!

季節によっては日本と時差(日本が7時間早い)だけでなく気温差もあるので、行かれるときは服装に注意してくださいね。

フィンランドってどんなところ?

オーロラ

ここではフィンランドという国についてお話します。

まずは、基本的な情報から!

フィンランドの豆知識

フィンランドは正式名称はフィンランド共和国といい、北ヨーロッパに位置する共和制国家で、北にノルウェー、西にスウェーデン、東にロシアが隣接しています。

また南にはフィンランド湾を挟みエストニアが位置しています。

フィンランドは日本と似て県が存在し、現在19の県(マークンタともいう)とさらに上位行政区間として6つの州が存在しています。

使用言語はフィンランド語が93%、スウェーデン語が約6%とこの2言語が公用語!

準公用語にはサーミ人が使用しているサーミ語が憲法改正により1919年に制定されています。

また、ローマ人やその他少数民族に対し配慮もされており、ロシア語を母国語としている人々の帰還も増加しつつあります。

スウェーデン語に関しては、フィンランドにすでに根付いており少数派でも企業や産業界で影響力もあるといわれています。

宗教ではフィンランド福音ルター派教会が78%、フィンランド正教会は1%ほどですが国教とされ、他のローマ・カトリック教などや無宗教は20%ほどを占めています。

婚姻に関してのびっくり情報

今までは妻が夫の姓に改姓することが義務付けされていました。

1986年に改正され、2017年には同姓婚も可能となったことで婚姻に関して自由になったように感じますね。

今やLGBTQといった性別に関する言葉を耳にするようになり、嫌悪する方も少なからずいます。

私はそれに関して嫌悪感が特になく、むしろいつか日本でもフィンランドなどのように性別関係なく婚姻含めいろいろなことできるようになったらいいな、と思っています。

同性婚への差別がなくなって欲しいですね!

自分らしく生きる事が大切ですから!

フィンランドで有名な場所といえばここ!

フィンランドで有名な観光地といえばフィンランドムーミンワールドとサンタクロース村ですよね!

この2つの施設は絶対に訪れて欲しい!

ムーミンはフィンランド生まれ!

フィンランドムーミンワールド

フィンランドの南方に位置するナーンタリという町にムーミンワールドというムーミンの世界を現実化させた施設があります。

もちろんムーミンの物語で登場する青い塔の家(ムーミンハウス)もあり改装によって魔法が使えるとか…!?

ぜひ実際に試してみてください!

また全天候型の屋根付きステージではスウェーデン語・フィンランド語だけでなく、英語字幕や音楽劇を見ることができます。

カフェやお土産屋さんなどもあり充実した施設になっていますので1日かけて楽しめます。

撮影スポットが多くありますのでぜひムーミン村の世界感を覗いてお楽しみください!(“インスタ映え”確定)

詳しくはムーミンワールドHPに掲載されています。また入場チケットは事前にネットで購入した方が少しお安いようなので参考にしてください。

ムーミンワールドHP

フィンランドサンタクロース村


サンタクロース村はムーミンワールドとは反対に北極圏のロヴァニエミ市に位置する施設!

森に囲まれた幻想的な村に本物のサンタさんがいて季節問わず会えると有名ですよね。

しかも記念撮影もできるのでサンタさんに会いたい!というひとはとてもおすすめの場所!

村にはサンタクロース・オフィスやサンタクロース郵便局、お土産屋さんなどがあり、郵便局では事前に申し込んでおけばサンタクロースからの手紙がエアメールで届きます。

それだけでなく実際に手紙を出すこともでき、オリジナルの消印を押してもらえるので記念にもなります。

ムーミンワールド同様カフェやレストラン、さらに宿泊施設などもあるようなので時間気にせず観光や体験ができます。

また北極圏にあることから、有名なオーロラも見ることができます。

季節や上空の状態で様々なすがた・見え方や見られる確率なども変わってくるのでオーロラも見たい方はサンタクロース村の宿泊施設を利用することをおすすめします。

こちらに関してもサンタクロース村HPに掲載されていますのでご興味を持たれた方はぜひご覧ください。このHPはすべて日本語のロヴァニエミ市公認オフィシャルサイトです。

また、もう1つのURLはフィンランドのロヴァニエミ観光HPです。ムーミンワールド同様日本語訳での表示ができるものです。ここではオーロラや観光などカテゴリ別で記載されています。

サンタクロース村

サンタクロース村オフィシャルHP

ロヴァニエミ観光HP

フィンランドのお土産ベスト4

フィンランドにはおススメしたいお土産がたくさん!

日本でも人気のあるあの商品もありますのでぜひ探してみてください!!

AAKKOSET(アアコセット)のグミ

AAKKOAETがフィンランド語のアルファベットと意味しています。このグミはカラフルで、さまざまな形をしたものもありますが、やはり定番のAAKKOSETが人気のようです。日本のものでいうと色味はハリボーなどに似ているなぁと記者は感じました。笑

フィンランド土産

 

FAZER(ファッツェル)のチョコレート

…これは日本でも人気がありますね。板チョコは1枚200gと大きいですが、味の種類だけでなくサイズや形も様々なものがあるのでお土産にも選びやすいのではないでしょうか。ただ、チョコレートなので暑い季節は少し心配もあるので買うときは涼しい季節がいいかもしれません。そんなときはチョコ以外にもクッキーなどもあるのでそちらを選んでみるのもいいかもしれませんね。

マリメッコ

…これは日本でも女性を中心に有名なブランドです。小さなお花がまとまった模様が並んでいるものや大きなお花が敷き詰められているような独特な色味、デザインの生地で作られたバッグ・リュックを街中で見かけることも多いのではないでしょうか。本場だからこそ日本で買うよりも安く購入ができるのでおすすめです。

フィンランド土産

ムーミングッズ

…前の項目でも紹介したムーミンワールドでも買うことができますが、フィンランドの街中にあるショップでも購入することができます。マグカップやクッキー缶など種類もたくさんあるのでどれにするか迷ってしまいそうですね。

これら以外にもフィンランドでは、はちみつやマスタード、歯磨き粉なども有名なようです。

フィンランドのステキなお土産たち


フィンランドお土産ランキング(1位1位~17位)ご紹介

私は小さいとき信じていたサンタさんにぜひとも会ってみたい!と感じました。

お手紙もぜひ記念に書きたいですね。

そういえば、昔凹凸のあるはがきでサンタさんからお手紙が来たことがあり、いまさらながらもしや…?なんて思っていたりもします。笑

そしてオーロラも見られるかもしれないというところで、見ることができたらきっと感動してしまう気がします。

お土産にはお菓子はもちろんのこと、“ククサ”と呼ばれる伝統的な木製マグカップもそこならでは、ということでぜひお土産のお菓子と一緒にククサでコーヒーを飲みたいで

まとめ

フィンランドは本当に美しい国です。

全ての景色がまさに絵葉書!

うっとりする風景を堪能できること間違いなし。

ただ、冬は本当に寒いですから、新緑の綺麗な夏にフィンランドへ旅行するのがベストですね。

まだまだ世界には行きたい場所が沢山あります。

僕の旅への思いは強くなる一方です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー人夫と息子の3人暮らし。英語&スペイン語のトリリンガル!約1000人以上の外国人とオンラインで交流したり観光ガイドをしている経験から外国人が日本人に抱くイメージを知り尽くしています。外国人女性の友人も多いです。外国人パートナーに関する内容をブログとツイッターで発信中♪ツイートDMで無料お悩み相談も受付中!