ペルーのスープ(風邪をひいたときに飲むスープ)を作ったよ!

スープ

ペルーのスープ(風邪をひいたときに飲むスープ)は、とってもヘルシーで美味しいよ!

今日は、風邪をひいたときに飲むペルーのスープを作ります。

旦那は、このスープが大好きなので、我が家ではよくこのスープを休みの日に作ります。

特に、風邪を引いたときの定番メニューです。

世界の料理

【世界の料理を作ったよ】おすすめ7品紹介(タイ料理・スペイン料理・メキシコ料理・ペルー料理・フィリピン料理)

2019-10-13

ペルーのスープの材料

鶏ささみ(鶏むね、鶏ももでもOK・お好みで)200g、しょうが、卵1個、じゃがいも中3個、中華味の素、しお、こしょう(お好みで)お湯600cc、オレガノ、サラスパ50g

ペルーのスープ作り方

鶏ささみ、しょうがを炒める
お湯を加えてから、あく抜きする
じゃがいも、中華味の素、しお、こしょうを入れる
サラスパ&卵を割り入れる
  1. 鶏ささみ、しょうが、じゃがいもをせん切りにする。
  2. なべに油をいれ、鶏ささみ、しょうがを炒める。
  3. なべに、お湯を追加してから5分くらい煮込む、あくがでたらしっかり取る。
  4. せん切りにしたじゃがいも、中華味の素、しお、こしょうをいれて、味を調えてから10~15分煮込む。
  5. 最後にサラスパと卵を割り入れて、4分くらい煮込む。
  6. 器に盛りつけ、、好みでオレガノを振りかける。

 まとめ

ペルーでは、このスープは、とても有名です。

私も、鶏肉を鶏もも、鶏むね、鶏ささみと全部試す中で、風邪をひいているときには、鶏ささみが一番しっくりきました。

しょうがの量も卵の量も、サラスパの量も、大体現地の人は目分量で入れています。

今回は、測ってみてレシピを作りました。

どんどん自分流にアレンジすれば良いと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ペルー人夫と息子の3人暮らし。英語&スペイン語のトリリンガル!約1000人以上の外国人とオンラインで交流したり観光ガイドをしている経験から外国人が日本人に抱くイメージを知り尽くしています。外国人女性の友人も多いです。外国人パートナーに関する内容をブログとツイッターで発信中♪ツイートDMで無料お悩み相談も受付中!