フグの魅力は無限大!もっと知りたいフグのこと

フグ




食べても美味しい姿もユーモラスなフグ
お鍋が美味しい季節となってきました。
数ある鍋料理の中でも王様といえるのは、やはりフグではないでしょうか。
「フグは食いたし命は惜しし」
という言葉どうり毒はあっても食べたい!と思っていても
我々庶民には手の出ない高級なお魚という感じがします。

フグの別名てっちりの由来を知ってる?

ふぐちり

ちなみにふぐ鍋のことを、関西ではてっちりと呼びますが、てっちりとはふぐの隠語
です。

かつて、ふぐの毒に当たった場合に命の危険があることから、たま(弾)に当た
るとかけ、ふぐを鉄砲と呼んだのが始まりだそうです。
関西でも、とらふぐの消費量1 位は、食い倒れの街大阪だそうです。
そしてフグの歴史は古くなんと縄文時代から食べられていたそうです。驚きですね。
(毒があるのに、古代の人はどうやって食べていたのてしょうか?誰か知っている人は
教えてほしいです)
普段の食生活の中でふぐを一匹丸々食べるのは、中々できませんが、雑炊や、皮の部
分は、ポン酢で頂くと美味しくコリコリしていてコラーゲンもありそうなので、女性
もうれしいのではないでしょうか。

フグの種類はなんと約100種類

また種類も豊富で数えきれない程あり、動物好きの人には興味深い魚といえます。
私が、ふぐに興味を持ったきっかけは、水族館が始まりでした。
横浜にある“よしもと面白水族館”にある
海の生き物赤ちゃんコーナーで小さな赤ちゃんフグが小さなヒレを
プロペラのように回して泳いでいた姿がユーモラスでした。

よしもとおもしろ水族館おすすめですよ♫

よしもとおもしろ博物館

フグの仲間とは?

水族館といえば、マンボウやハリセンボンなども有名ですがこれらも
フグの仲間なのです。みなさんは知っていたでしょうか?
話は変わりますが、皆さんは海のミステリーサークルと言うものを知っていますか?
奄美大島に生息するアマミホシゾラフグという新種のフグが上の
写真のような、海面のアートをつくるのです。
ちなみに、何の為にこのようなものを造るのかというと、産卵のためでやるのはオス
だけだそうです。海の中にこんな物を造るなんてお魚くんもビックリの発見です。
小さな体に似合わず、中々パワフルですね。

アマミホシゾラフグの可愛い絵本をご紹介!

アマミホシゾラフグ
何だか、読んでいると目が回ってきそうな本ですが、とても読みやすい絵本なので
興味のある方はぜひ、上の絵本を読んでみてください。オススメです。
余談ですが、さかなクンが被っているあの帽子は、ハコブグをモデルにしているそう
です。さかなクンもフグが好きなんですね。
ふぐのPRには、効果バッグンではないでしょうか?
ちなみにハコふぐは、淡水でも飼育可能で鑑賞用としても人気があるそうです。
話を戻します。現在では、ふぐの養殖化や無毒化の為の研究も進んでいるので私達が
ふぐをもっと身近に食べられる日も、もうすぐかもしれません。
魚離れが進む現代日本で、安いぶぐが食卓にのる日を楽しみに待ちましょう。
贅沢をいえば、ふぐに合うようなお酒もそろえたいです。なのでやっぱり値段がやす
くなってほしいです。
その前に、いつの日か大阪にフグを食べに行きたいです。
個人的には、東京オリンピックに向けて、海外の人にもPRするチャンスのような
気がするのですが。
今後日本の食文化が海外にもよりいっそう広まるとよいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アラフィフ女子です。お金、旅行、料理、生き方、世界の話、食べ歩き 北欧スタイルのインテリアなど自分の好きなことを発信しています。