投資信託を信じ込んで500万円投資してしまった知人の話

投資失敗 投資信託 詐欺




投資の世界はと~っても魅力的だが、非常に恐ろしい!!

天国と地獄が隣り合わせの世界!!

一歩間違うと奈落の底に落とされる。

今日は、私が恐怖を感じた、高齢者の投資信託について記事を書いてみようと思います。

投資初心者の70歳が投資信託に手を出すのは、ヤバ過ぎる

70歳の私の知人の女性は、日本の銀行で店員に投資信託を紹介されました。

そして、500万円をつぎこんでしまいました。

話を聞いてみると、「どんどんお金がふえているから、500万円をもとに毎月、2万円ほど入ってくるからやらないともったいない」・・と。

う~ん、カモられてるなあ・・

あえて反論しなかった。信じる者は救われるじゃないけど、

「元本は目減りしてるだろうし、その分配金の毎月2万円は自分のお金ですよ」

なんて言う必要はない!

真実を教えてあげるのはあまりにも可哀そう!

ただ、自分の貯金を自分が使って(増えていると勘違いしながら)心配なく、暮せばればいいのかも・・

「自分はこんな得することを知れてラッキー」って・・・

だって、貯金がなくなるか、自分の寿命が尽きるか、どちらが早いかわからないから。

本当に、日本の投資信託はスカスカだと思う。

現実、商品を売ってる銀行員がその商品を買っていないから・・

ただ手数料を取ることしか考えていないから、こんな銀行員を信じるなんて恐ろしすぎる。

わたしも 海外投資で1,000万円ちかくやられているから、投資の初心者はカモの中のカモになるのはよ~くわかる!!

以前カモられた経験のある私が断言します。

たまたまビギナーズラックで投資に成功したら、更に、投資にお金を突っ込んで失敗してしまいます。

ハイリスク投信の罠<あるあるの話>

Hさんは、銀行に3、000万預けていた。

預けた本人は毎月分配金を銀行からもらっていた。

そのお金は3、000万円が利益を生んだものだと信じて・・

でも実態は自分が預けた3000万円がお金の出所!!

増えるどころか、投資の失敗は全て3、000万円から目減りするだけである。

有料老人ホームに入居することが決まり、余裕満々で銀行に3、000万円残っていると言ってた高齢者の資産は3、000万円から1、000万円に目減りしていた。

こんな辛いことは知らないままの方が良かっただろう・・

信じるものは救われるという言葉通り、銀行に3000万円貯金がある!と信じ込んでいたら幸せだから・・

毎月支払われる分配金2万円~3万円を運用利益と勘違いして喜んでいるが、実際は、元本(預けた3、000万円)を銀行は取り崩して支払うだけ・・

まとめ

高齢者をだましてお金を取るのは、大手銀行から小さい銀行までの常套手段!

私もいっぱい投資で損しているからこの辺の仕組みはよ~くわかる!!

人間は恐怖があると思わぬ行動に出るものだ

高齢者の将来へのお金の心配が投資信託のうまい話に引っかかる要因だろう。

恐怖が人間を動かす1番の原動力だ。

*ブラック企業を抜け出せれない会社員は、「この仕事をやめたら 人生終わりだって信じ込んでいる。」

*DV夫から抜け出せれないのは女性は「この夫に捨てられたら生きていけない」でと思いこんでいる。

新しい環境に一歩踏み出すのは非常に怖いことだ。

投資の世界もとっても怖いけど、成功している人もいっぱいいる。

*だから、みんな投資にはまってしまうのだ。

ですが、日本の投資信託でもうけを出すのは無理ゲーだと私は思っている。

FXトレーダーが一番儲かるらしいが、私は、若くないしリスクが取れないから、やらない!!

*FXトレーダーは市場規模が、500兆円

*インターネットの広告市場(YouTubeとかの場合だと1兆円)

ふ~!凄い世界がありますね~

FXトレーダー  若かったらやってるかも・・・(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です