「そして父になる」 子供入れ替え事件の顛末は?

そして父になる 映画レビュー




「そして父になる」という映画は、親と子の愛情をテーマにした感動的なヒューマン映画です。

2013年制作で、66回カンヌ映画祭コンペテイション部門に正式出品された作品です。

この映画は、病院で出産時に、子供をいれかえられてしまった家族の物語です。

福山雅治が、大手建設会社のエリート社員を演じています。

そして、さえない電気店を営み、貧乏だけど愛情いっぱいに子供を育てているお父さん役を演じるのは、リリーフランキー。

仕事が忙しくてエリート感満載の役が福山雅治にはまり役でした。

そして、冴えない貧乏父さん役は、フランキーがぴったり。

「そして父になる」ざっくりあらすじ

貧乏だけど愛情いっぱいの電気店を営む家族は、お金はないけど家族一緒に仲良く楽しい時間を共有しています。

かたや、エリート社員の家族は、教育熱心ですが、緊張感のある張り詰めた雰囲気の中での子育てで、子供も萎縮しています。

突然の病院からの電話で、エリート父さんは、我が子と思って育てていた子供が赤の他人の子供だったと知り、深く傷つきます。結局、6歳のお互いの子供を交換という形で入れ替える試みをしますが、のびのび育ってきた電気店の息子はエリート父さんには、馴染めません。

そして、各々が本当の家族の元へ戻ることになります。貧乏父さんの家庭に子供はすぐに馴染めましたが、エリート父さんの家には子供が全く馴染めませんでした。
6年も違う家庭で育ってきて、いきなり「今日から、家族だ」と言われてもなじめるはずがありません。

ですが、電気店のお父さんには、子供は早い時期から馴染めました。

家族の中に笑いとぬくもりが感じられたからです。

子供はピ~ンと張りつめた雰囲気だと息が詰まります!

色々、家族の形が違いますから、なんとも言えませんが、私は、電気店のお父さんの方が、好きですね。

でも‥電気店のお父さんは愛情は溢れていてもお金がないから、やっぱりエリート父さんと電気店のお父さんの中くらいがいいです!!

エリート父さんに、電気店のお父さんが持つような愛情があれば最強なんですけどね。エリート父さんも子供に愛情がない訳ではないのですが、ちょっと小さい子供には伝わりにくいでしょうね。

「そして父になる」のみどころ

お金はないけど、家族と過ごす時間を大切にして、子供のためにありのままをさらけ出して、どんどん弱みをみせながらも、

家族のために頑張っている電気店のお父さんが素敵でした!

一方で上から目線で「そんなことでどうするんだ!人生は厳しいんだぞ」などと説教するエリート父さんには、子供は委縮してしまって、なかなか親の前で自分をさらけ出すことも出来ず、そして自信も持てませんでした。

自分はダメな人間なんだって無意識に感じていたからです。

子供は大人が考えている以上に鋭く大人を観察しています。そして傷つきます。

子供と親の心の移り変わりがこの映画を見ていて面白いところでした。

まとめ

子供の取り替え事件の犯人は実は、看護師でした。

幸せそうなエリート父さんの家庭への嫉妬が原因です。

そして、自分の腹いせにこのような犯罪をおかしたのでしたが、時効になっており、罪は問われませんでした。

何ともやりきれないストーリーでしたが、昔はこのような事件は多発していたそうですね。

また、エリート父さんの子供は、6歳ですが習い事もしていました。

今は、習い事を掛け持ちさせる親が沢山いますね。

お父さんに気に入られようと、6歳の男の子が無理して勉強して、私立の小学校を受験する様子がいたたまれませんでした。
子供は、のびのび育てないと、いろいろ歪みが生じてきますね。

やりたくてする習い事と、無理矢理強制されてする習い事では、雲泥の差があります。

子供をエリートに育てることに価値観を置いている父さんと、家族との絆や思い出を大切な事として考えているお父さんに接点は見つかるのでしょうか?

この映画は一見の価値ありです!!

親子関係について改めて考えることが出来る最高の映画だと思います。子育て中の方にはぜひ見てもらいたい作品です!!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です