「アリースター誕生」を見て泣きすぎました。思いっきり泣ける作品です

スター誕生 映画レビュー




 

出典:映画.com

この映画は、映画館の大スクリーンで見ました。

この映画は、第91回アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ主題歌賞を受賞した作品です。

私は、この映画を、アメリカ人女性からの勧めで見に行くことにしたのですが、どんな内容かもわからないまま、見始めたのですが、すぐにストーリーの面白さに引き込まれてしまいました。

1937年の「スタア誕生」のリメーク版ですが、見事に現代版にリメークされ、レディーガガの演技もブラッドリー・クーパーの演技も「ブラボー」って感じでとても素晴らしかったです。

レディーガガがこんなに演技が上手かったなんて。。。

レディーガガは、この映画のアリーのはまり役だとだと思います。

目次

 「スター誕生」のざっくりあらすじ

全くの無名だが、歌が好きで歌手を目指していたアニー

彼女は、小さなバーで細々と働いていた時、店にお客としてやってきた世界的ロックスターのジャクソンにその歌声を気に入られ、「一緒にステージで歌ってみないか」と声をかけられます。

初めての、ビッグステージで大物歌手との突然の夢の競演!!

アリーは初舞台を見事に演じきります。

声援はやむことがなく、彼女はいきなり有名になります。

そして、何十歳も年の離れたジャクソンとも付き合い始めます。

そして、どんどん彼のお陰で有名になり、そしてジャクソンの人気をしのぐほどの実力をつけていきます。

アニーの人気が高まるにつれ、ジャクソンはますますドラッグとアルコール中毒がひどくなり、まともにステージに立つのが難しいほど、生活が荒れていきます。

自分の人気が落ちぶれていく一方、アリーの活躍が上手く心の中で処理できず、酒に溺れて、結婚して一緒に住んでいたアリーに迷惑をかけていくことが増えていきます。

自分の落ちぶれていく姿を直視できず、アリーを愛するがあまり、彼女のために最後は自らの命を絶ってしまうのですが、なんとも悲しくも、真の愛について考えさせられる内容でした。

やはり何十年も変わらず人気の作品なので、ストーリー自体素晴らしい。

二人は本当に愛し合っていたんだと思う。

自分がアリーに迷惑をかけていることを承知しながらも、ドラッグもアルコールの辞めれず苦しむもがく姿が印象的でした。

ジャクソン役のブラッドリー・クーパーの演技は完璧でした!!

まとめ

いつも自宅で、Netflix やhuluで映画を観るのですが、たまに映画館で大迫力のスクリーンで思いっきり泣ける作品を観るのは最高ですね。

頭が単純なので、すぐに映画の作品に入り込むので、客観視できないので、映画レビューが偏っているだろうと思います。

感動した作品のみ紹介していきますので、良かったらまた映画のレビューを読んでやってくださいね。

自宅で映画を堪能しましょう!

     ↓




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です