かもめ食堂の映画を観ました!!見る価値あり?




🌸かもめ食堂の映画を観ました🌸

かもめ食堂

出典:かもめ食堂 – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks映画

Netflixで、2006年に制作された【かもめ食堂】の映画を観ました。

ずっと観たかった映画です。

なかなか忙しくて観れなかったけれど、やっと時間を見つけNetflixで観ることができました。

我が家はHulu&Netflixという定額映画見放題のサービスに加入しています。

映画館で大スクリーンで映画を観るのが一番ですが、家で気軽に観れるサービスも便利ですね!

♥今日の素敵 かもめ食堂の独特の世界観に触れてちょっぴり視野が広がったこと♥

今日は、フィンランドで日本食堂を営む女性と、それを取り巻く日本人旅行者の心の交流を描いた映画【かもめ食堂】の感想を書いていこう思います。

日本人旅行者の過去が何一つ語られないのですが、みんな、都会に疲れた感であふれていました。

そして傷ついた過去を癒しにフィンランドに辿り着いた感じが観てとれました。

片桐はいりの顔の大きさとびっくりしたような大きな目がとても印象に残っていますが、勿論、内容も面白かったです。

正直、北欧の景色がもっともっと映像で流れて欲しかったので、2回観ようとは思いませんでした。

1度なら観るのは良かったかな??くらいです。

主演の小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの独特の雰囲気が醸し出された不思議な日本人が何人も出演する映画でした。

独特の世界観を感じさせられる映画です。

ヘルシンキの有名店【カフェ・アアルト】のケーキが美味しそうです。

フィンランドに旅行できたら、是非とも、このカフェに立ち寄りたいです。

そしてフィンランドのオシャレカフェでブルーベリータルトを食べてみたいですね。

マリメッコのファブリックが本当にきれいですね。

美味しそう!!

  ←素敵なキッチンタオル

↑素敵なコップ

cafeaalto.fi

カフェ・アアルトは、フィンランドで有名な建築家アアルトの手掛けたアカデミア書店の中にあります。

いつか行ってみたい~

参照元:Pouch[ポーチ]

♥今日の感動した言葉:フィンランドはのんびりした空気が流れていて、素敵だった

by N君♥

森と湖の国 フィンランド

N君とは私が以前していた観光ボランティアで知り合いました。

お母さんとの2人旅で北欧3か国を回ってきたと言ってました。

慶応大学の大学生でしたが、学費が高すぎた関係で大学を学費免除の大学に編入したそうです。

プログラミングで月60万円を稼いでいると教えてくれました。

大学4年生ですが、海外旅行をたくさんしていました。

IT企業に就職も決まっていました。多分、自分で企業する風でしたが、最初の2~3年は勉強のために就職したんだと思います。

今は大学を卒業して東京で激務の仕事をしているN君は、フィンランドにとても憧れていると言ってました。

のんびりした気持ちに東京ではなれませんよね。

常にせきたてられているような・・

頑張らないと生きていけない感があふれています。

私も大学が東京だったので、東京のことは少なからず分かります。

満員電車には、負のエネルギーがあふれかえっています。

「仕事いきたくない~」というような負のエネルギーが・・

刺激的で楽しいですが、今は田舎の生活が気に入っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です