出稼ぎ中国人から聞いた実話

出稼ぎ中国人




日本には沢山のアジアからの出稼ぎ労働者が暮らしています。

私が4年前に働いた卵工場にも沢山の中国出身の女性研修生が働いていました。

働ける期間は3年間で一生の間で一度だけと聞きました。

言葉は片言で流暢とは言い難い感じでした。

♥今日の心の安らぎ:娘とのスカイプ会話 by 中国人研修生♥

私が卵工場で出会った女性は、中国人研修生で小さい娘がいるお母さんでした。

娘は自分の母親と旦那に任せての出稼ぎです。

子供は3歳で可愛い盛りですが、子育てより日本に出稼ぎに行くチャンスを選んだそうです。

休みの日の娘とのスカイプ電話が癒しの時間と言っていました。

日本で一生懸命働いてお金を貯めたら、家が現金キャッシュで購入できるそうです。

それに娘の教育にも、たっぷりお金をかけることができるそうです。

大好きな娘のための出稼ぎ・・実母や旦那の理解あっての出稼ぎです。

日本語はあまり勉強する気がおこらないそうです

。理由は、休みの日は仕事の疲れでぐったりで、難しい日本語の勉強をする意欲が湧かないそうです。

仕事で忙しいときに納期をまもらないといけない会社にとって中国人研修生はありがたい存在です。

残業時間は会社が決めるので、「何時まで働くかは会社が決めるからわからないんだ」と言ってました。

日本人アルバイトは時間がきたらすぐに帰ってしまうから、中国人研修生は都合の良い存在そのものでした。

中国人研修生は「娘に会いたくてたまらない・・でも、お金のために頑張るしかない」ともらしていました。

日本人に比べ中国人は非常に雑です。

肉を盛り付ける際も、その人の性格がもろに出ます。

日本人は比較的バランスも考えて美味しそうに盛り付けますが、中国人はただ、肉を入れただけって感じがみえみえなんです。

後、モノを置くときに、投げるように置きます。

たまご工場で働いていた時期に、妹と香港へ旅行に行きました。

飲茶の店でご飯を持ってきてくれた店員さんがさん「え??なんか怒ってるの?」って思うくらい皿を放り投げて料理をテーブルに置きました。

その時、「文化の違いなんだなあ・・」って腑に落ちました。

別に悪気があるわけじゃないんだ・・でも、正直、雑なのはちょっと・・・基準の違いですね。

日本人の同僚は「いったいどうしたの?これは肉のデコレーションですか?」っていうくらい盛り付けが美しかったので、その違いにとても驚きました。

丁寧さは日本人の魅力です。折り紙、ラッピングの技術、日本料理のきめ細やかな盛り付けなどは芸術作品です。

日本人は本当に器用ですよ。

外国人はおおざっぱ感が半端ないです。

国、人によって多少の違いはあるのですが、一般的にはそうですね~

♥今日の感動した言葉:親はいなくても子は育つ♥

事情があって離れていても、子供はすくすく育つもんなんだなあ・・・と思います。

もちろん、お母さんに側にいて欲しいけど、子供は事情が分かればきちんとお利口に待っていれるんですね。

「お母さんは自分のために外国で頑張ってくれているんだ」って子供はちゃんと分かってるんですね~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アラフィフ女子です。お金、旅行、料理、生き方、世界の話、食べ歩き 北欧スタイルのインテリアなど自分の好きなことを発信しています。