アトピーの奇跡  

アトピー 土佐清水病院




今日は、スカイプでイギリス人と話をしていて、アトピーの奇跡というクリームを紹介されました。

彼の息子さんがアトピー性皮膚炎だったので、彼はアトピー性皮膚炎の事をよく知っています。

私も英会話スクールと家庭教師でアトピー性皮膚炎の女の子を3歳~14歳まで教えていたので、その「痒さが激しい」という事だけですが、知っています。

以前は、台湾人の20歳の男の子が高知県に2週間アトピー治療に来ていた話をブログに書いていますが、また今回も記事を書こうと思います。

理由はアトピー性皮膚炎の方に役に立つ情報かも知れないから・・

アトピー性皮膚炎のクリーム

このクリームを塗った3歳の女の子の肌がつるんと綺麗になったので、イギリス人のお母さんがニュースで感謝の報告をしているというニュースです。日本でもこのクリームが売られているそうです。

このお母さんは、子供のアトピーの事で悩んでいました。

アトピー性皮膚炎が治るクリーム

ラッシュ公式サイト

土佐清水病院

台湾人の男の子20歳が2週間のプランで日本の土佐清水病院でアトピー性皮膚炎の治療のため、来日しました。

ここの病院は香港、台湾で凄く有名だそうです。

私は、全く知識がないので、「香港でアトピーは治らないんですか?」と聞いてしまいました。

彼は、香港中を探し求めて回ったけど、どこへ行っても治らなくて、ネットでこの土佐清水病院に辿り着いて、「今は、この病院で治療中」と言われていました。

値段が保険が適用していないのかどうかわからないのですが、とっても高額でした。

入院中だから、どこにも行けないし、友達もいなくて寂しいから日本語が全く話せないのに、日本語レッスンを申し込んでくれました。誰かとおしゃべりしたかったそうです。

「若い先生よりお母さんくらいの年齢の人が話しやすいから」私にリクエストしたと言ってくれました。

嬉しいような、ちょっと微妙でしたが、嬉しいことにしておきましょう(笑)

まとめ

アトピー性皮膚炎の治療法については知識がなくてあんまりわからないけど、もし自分の息子がアトピー性皮膚炎なら、私も調べまくって何とかするために必死になるだろうと思います。

台湾の男の子も一人っ子で、「両親が日本の治療費は凄く高いけど、喜んで出してくれた」と言ってました。

どこの国も親って自分の子供のことになると必死になるのは万国共通ですね!

彼は、関西国際空港について、どこも観光せずに、土佐清水病院に直行したそうです。

「どこも観光せず、帰国する予定」と教えてくれました。

観光するより、ぎりぎりいっぱい治療を受けたいからと言ってました。

人間って自分が体験した苦しみしか、本当の苦しみはわからないと思います。

だから、性格の優しそうな彼に何もアドバイスはできなかったけど、「絶対に治って欲しいな~」ってココロから思いました。

アトピー 土佐清水病院

アトピー性皮膚炎治療の専門 土佐清水病院 (香港、台湾からも患者さんが押し寄せる病院)

2019-06-26

そして土佐清水病院が希望の光になってくれたらいいなあと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アラフィフ女子です。お金、旅行、料理、生き方、世界の話、食べ歩き 北欧スタイルのインテリアなど自分の好きなことを発信しています。